お金は急に必要になる分を流動的に保有する

Contents
お金は急に必要になる分を流動的に保有する
お金は急に必要になる分を流動的に保有する

お金は急に必要になる分を流動的に保有する

仕事をしている人は毎月給料をもらうことが出来ます。健康に仕事をしていれば毎月その分の給料が得られます。普段の生活をその給料の中でやりくりしているならそのほかには特になくても問題ありません。でも常に健康に仕事ができるかどうかはわかりません。急に病気やけがをする事もありますし、失業をする、何らかの出費が必要になることがあります。

給料はすべて使うのではなく、少しずつ貯金をするようにします。そしてそれらを分類しながら管理するようにします。まずは急に必要になるときに備えて保有する分です。概ね給料の2箇月から3箇月分ぐらいです。何かあっても2箇月や3箇月はそれでしのぐことができるお金です。こちらはすぐに利用できるように普通預金などにして準備をしておきます。

自分人は健康だから、安定した企業に勤めているからと油断をしていると何かが起こるかもしれません。このときにすぐに換金できないような形で持っていると大きな損失をこうむることがあります。不動産などであれば用意に売却することは出来ません。定期預金などであっても満期まで解約できない場合があります。そうならないように常に使える普通預金やそれに近い形で保有をしておきます。金利などはつかなくても構いません。

V

Copyright (C)2018お金は急に必要になる分を流動的に保有する.All rights reserved.