お金は急に必要になる分を流動的に保有する

Contents
お金は急に必要になる分を流動的に保有する
お金は急に必要になる分を流動的に保有する

老後のための資産作りのお金の運用

老後には公的な年金が受けられるとされています。国民年金はすべての人に、その他被用者年金として厚生年金であったり共済年金があります。退職金を受けられる人であればそれによっても老後の生活に使えるかもしれません。ではそういった年金だけで十分かです。人によっては十分な場合もあります。毎月30万ぐらい必要とされていますが、厚生年金などを足すとそれくらい受けられる人もいます。

しかし多くの人は必要な額をもらえないとされています。そのときに備えてお金を用意しておく必要がありますこれは定年になる直前に用意するのではなく、定年になるもっと前から準備を始めるようにします。出来ればその他の資産と分けて管理をするようにします。近い将来使う部分、10年以内に必要になる部分、老後に必要になる部分などに分けておきます。

30代の人であれば定年までは30年近くあります。一応どれくらい貯めるかの目標を決めておくといいでしょうが目標額にするには給料から貯めているだけでは足りないことがあります。この場合は運用が必要になります。30年近く後のことですから場合によってはゼロになってもいいくらいの気持ちで運用が出来ます。株式などリスクが大きい分野にも投資を積極的に行ないます。

V

Copyright (C)2018お金は急に必要になる分を流動的に保有する.All rights reserved.