お金は急に必要になる分を流動的に保有する

Contents
お金は急に必要になる分を流動的に保有する
お金は急に必要になる分を流動的に保有する

お金を増やすとき外貨預金は手数料をチェック

円高ドル安、ドル高円安といわれています。1ドル100円から80円になれば円高ドル安になります。一方120円になればドル高円安になります。数字で見るときは外貨の価値が上がったか下がったかで見るのがいいかもしれません。1ドル100円のときに100ドル買うには1万円がかかります。このとき110円になれば1万1千円になります。1割も増やすことが出来ます。

お金を増やすときには外貨預金を利用するのは方法の一つとして知られています。外国為替は土日を除いてほぼ1日変動しています。日本の夜はアメリカでは昼なのでアメリカでの取引が反映されています。1日で1円動くこともあります。1円だけを見ると非常に小さく見えますが、100ドルの時には100円分に相当するので無視することは出来ません。

1円が出てくるのは別のところでもあります。それは手数料です。ドルに変更するときに1ドル当たり1円の手数料がかかる場合があります。1万円ぐらいならそれほど大きくありませんが、10万や100万となるとこの手数料も大きくなります。購入するときだけでなく円に戻すときも同様に手数料がかかります。つまりは2円分最初から引かれた状態で投資をするのでそれを意識する必要があります。

V

Copyright (C)2018お金は急に必要になる分を流動的に保有する.All rights reserved.