お金は急に必要になる分を流動的に保有する

Contents
お金は急に必要になる分を流動的に保有する
お金は急に必要になる分を流動的に保有する

お金があるとつい使ってしまう場合

給料をもらってやりくりをした結果月末に1万円が残ったとします。このときこのお金をどうするでしょうか。ある人は自分へのご褒美として食事に使おうとします。一方である人は貯金をしました。もちろんどのように使うかは人それぞれ自由です。自分のものになりますから、自分の納得するようにすればいいでしょう。将来的にはこの2者で大きく変わりそうです。

お金があるとつい使ってしまう人は多いです。コンビニで買い物をするときに予定よりも安く買えると余ることがあります。このときにその余った分で特に必要でないものを買い足して使い切ってしまうことがあります。金額としては数百円ぐらいのことでしょうが、このような習慣を持っているとなかなか貯めることができなくて預金なども増やすことが出来なくなります。

もし毎月1万円が残ることが多いことがわかっているなら、最初から1万円がなかったものとして生活をします。給料が払われたときに1万円分の積立預金を行ないます。これは余ったときに行なうのではなく、もらったときに行ないます。通常通りの生活をしていればきれいにゼロで終える事ができるはずです。また余るようになればその分を積立預金に加算します。そうすれば使ってしまう癖もなくせます。

V

Copyright (C)2018お金は急に必要になる分を流動的に保有する.All rights reserved.