お金は急に必要になる分を流動的に保有する

Contents
お金は急に必要になる分を流動的に保有する
お金は急に必要になる分を流動的に保有する

お金を定期預金に預けると源泉税が引かれる

税金と聞いて最も身近なのは消費税かもしれません。子供が買い物に行ったときにもかかります。現在は8パーセントになっています。消費税のいいところは、一般の消費者は特に申告をしなくて良いところでしょう。こちらは事業者が申告をして払うことになっています。一般消費者は年間のレシートを計算して確定申告などをする必要はありません。

消費税の次に馴染みがあるのが所得税かも知れません。子供は支払うことはないでしょうが、大人であれば給料をもらうときなどに支払っています。会社などでは年末調整があるので基本的には確定申告は必要ありません。給料以外にも株式投資などで利益を得たときには税金が発生します。この場合には申告をする必要があるときとしなくていいときとがあります。

お金を定期預金や普通預金に預けているときには利息をもらうことが出来ます。非常に小さい金額ですが、実はこの預金の利息にも所得税がかかるようになっています。では申告が必要かですが、こちらは源泉税として支払うときに差し引かれています。そのため申告や納税の必要はありません。最近は預金商品に金利と税引き後の金利が表示されることがあります。高いと感じても税引きで見るとそれほど高く感じなくなることがあります。

V

Copyright (C)2018お金は急に必要になる分を流動的に保有する.All rights reserved.