お金は急に必要になる分を流動的に保有する

Contents
お金は急に必要になる分を流動的に保有する
お金は急に必要になる分を流動的に保有する

お金を長く預けていると金利がアップする預金

銀行では定期預金と呼ばれる商品があります。特徴は期間や金利が最初に決まっていることです。そして元本保証があります。通常は途中で解約しても元本は保証され、金利は普通預金の金利などで計算されます。もし高い金利の商品に預け返したいときは満期まで待ち、そのときに別の商品に変更することになります。一定の作業をしなければいけなくなります。

お金を定期預金に預けるとき、ある商品の場合には金利がどんどん上昇する仕組みになっていました。これは仕組み預金といわれる商品で、暫定の満期が決められています。この満期期間はそれほど長くない場合があります。5年以内のことが多いですが1年ぐらいの事もあります。しかし銀行の都合で延長されることがあり、10年近くまで延ばされることがあります。

満期期間は延びるけども、そのときに金利をアップしてくれる商品です。当初から暫定の満期までは0.5パーセント、そして満期期限を延長するときはそれ以降の金利が0.8パーセントになるなどになっています。注意したいのは預ける時点で利用者はいつ満期になるのか、将来どれくらいの利息が受けられるかがわかりにくいことです。あくまでも余裕資金を使わないといけません。中途解約すると元本割れの可能性があります。

V

Copyright (C)2018お金は急に必要になる分を流動的に保有する.All rights reserved.